15年ぶりの初対面

15年前、お目にかかっていたかもしれない方と、ご縁があって初めてお目にかかりました。

物事は、見る角度によって見え方は違う・・・平時なら当たり前のことですが、当時の自分は、なぜか対立構造で考えていたような気がします。自分の守りたいこと、人・・・様々な感情から、なにもかもをシャットアウトしていたような状態だったのかなぁと振り返っておもいました。
同時に、当事者じゃなく傍観者に見えた人が、実は当事者の一人だったのではないかという気づきも。

その時代の瞬間を切り取る力と、それを置き去りにせずに、背負っていかなければいけないという生き方。こんなことを考えたのも、私の周りにはいま、そんな生き方を選んだ人が、大勢いるからかもしれません。

15年を経て、お互いの子どもの年齢の話などをして・・・不思議な感じでした。
1時間というわずかな時間でしたが、いろんなことが思い出され、そして発見され、整理し直す。生き続けるってこういうことなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です