起業家はアスリート

先日、聞いた言葉で響いたのが「起業家はアスリート」。
起業家の脳は、アスリートと同じようなドーパミンがでているそうです。
同時に、仕事しすぎで仕事中毒になっている人も多いとか(苦笑)

起業家という人種(?)は、willを持っている人とのこと。そのwillをしっかり共有できる経営チームが必要です。そして、執行をする人たちは、そのwill を実現するために必要な”can”を広げる人。それぞれの役割がしっかり認識されて、組織が機能します。

willを持つことができ、その実現のためにリスクを取ることができる、という特別な能力を持っていることに意味があるのであって、それ以外の機能については、しっかり
役割分担ができるチームを組成できればいいだけとも言えます。

私は、どちらかというと、自分で作り上げてきたタイプ。だからスケールしないのですが(苦笑)、わたしの”will”を大事にしてくれるチーム=私がみているwillを共有できる人、と仕事をしたいと強く思っています。

さて、今日も前に進みましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です