ニコラス校長からの学び

折々のスタッフミーティングでニコラス校長が用意してくれる資料にはいつも驚きます。雇用契約書はもちろん、寮の使用規定など、さまざまなドキュメントを用意してくれ、それに沿って確認のミーティングをしています。
今週は、リスクアセスメントのミーティングがありました。

学外へのショートトリップの場所の決定のプロセス。また具体的な行動計画作成の基準を示したアセスメントフォームを用意いしてくれていましたが、その内容がとても勉強になります。
リスクをゼロにすることはできないから、どのようにコントロールをするかの指標、そして、インシデントがあった時にはどのようなアクションを取るか、まで明記されている資料。まさにコロナ禍のいま、会社の意思決定においても活用できそうです。

ワーカホリックなど、共通点も多いニコラス校長ですが(笑)、校長としてのリーダーシップはもちろん、プロジェクトに向き合う姿勢から、毎日、たくさんの学びを得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です