現実と向き合って・・・

突然始まったリモートワーク。部署によっては2月からスタートしているので、2ヶ月経過している人も。
work@homeでは、オフィスで仕事をしている時とは異なり、一人暮らし、カップル、両親と、子どもと・・・一人一人が違う環境で仕事をしなければならない。こちらが想像できないような状況なのかもしれない。
実態を把握するために、先週、社内アンケートを実施した結果がまとまりました。

現状を認識、解決できる課題はなにか。あるいは、解決が難しい課題はなんなのか。リアルな様子がわかってきました。
今回を、デジタルシフトやリモートワークを推進する好機と考えている人。徐々に環境に適応してきている人。プライベートとの線を引くのが難しいと感じている人・・・。
同時に、業務の都合上、止むを得ず出社をしなければならないメンバーに対しては、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

終わりの見えない状況のなか、会社としても、なにを、いつまでできるのか。
そして、私たちのコアはなんなのか。時間をかけて解決していくという悠長な状況ではありません。
現状に真正面から取り組み、難しい判断をしながら、経営に真摯に取り組んでいる多くの友人たちの姿を見習いながら、私自身も前向きに挑戦していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です