息子への手紙。

stay homeで、データの断捨離をしていたときに見つけた、息子への手紙。
8歳の時にスイスの学校に留学した息子。
学校に送って行き、別れた、その夜、彼宛に書いたメッセージを発見しました。

これを送ったかどうか、記憶は定かではありません。
自分でボーディングスクールを運営する側の立場になった今、この思いを再度、確認しておきたいと思い、ブログに残しておきます。

今日、ツグがロゼに行ってしまいました。
ツグは、一生懸命笑ってバイバイしてくれましたね。ママも寂しかったけど、我慢してバイバイしました。
英語が全然できないツグは、キャンプの最初は不安と寂しさで一杯かもしれません。ママも、ツグが寂しくないか、困っていないか、たくさん心配になります。
でも、二人でこれを乗り越えましょう。
きっとツグは、今回の寂しさを乗り越えて、いろんなことに挑戦しながら、ママが思っている以上に、たくましい、立派な人になるんだと思います。そのための新しい出会いがロゼにはたくさんあります。
自分がしたいことを人に伝えるために、英語もフランス語もとても重要です。ママは、言葉ができないから、日本でしか仕事ができません。日本人のお友達しかいません。ツグは、いまの寂しさを乗り越えれば、世界中にお友達もできて、そして、いつかママをいっぱい助けてくれると思います。
がんばって。そして、楽しんでね。
ツグが、元気に夏休みに帰ってくることを楽しみにしています。

ツグがロゼに行ってしまった日の夜に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です