世界遺産〜白川郷と五箇山「相倉・菅沼」合掌造り

2018-04-14 13.13.31

時間を見つけて訪問したいと思っている日本にある世界遺産。
海外の友人たちの方が詳しかったりして、日本人として恥ずかしいなと思っています。
今回は、合掌造りで有名な白川郷、そして富山サイドにある五箇山「相倉・菅沼」合掌造りを見てきました。

続きを読む

Climate Action 100+ ローンチ・イベント@国連大学

ジャパンタイムズでは、今年Japan Times ESG推進コンソーシアムを設立。持続可能な社会の実現に向けて取り組む企業や団体を支援しています。
今回は、PRI ・Asian Investor Group on Climate Change (AIGCC) 共催で、国連大学で解された「Climate Action 100+」のローンチ・イベントに協賛させていただきました。
・Climate Action 100+
続きを読む

『里山資本主義』から5年 いま地域で何が起こっているのか〜Japan Times Satoyama推進コンソーシアム シンポジウム2018 5月16日(水)開催(参加無料)

2018年5月16日にJapan Times Satoyama推進コンソーシアムとして初めてのシンポジウムを開催します。その詳細が決まりましたのでお知らせします!!

・『里山資本主義』から5年 いま地域で何が起こっているのか〜Japan Times Satoyama推進コンソーシアム シンポジウム2018 5月16日(水)開催(参加無料)( from News2u.net 2018.04.11)
続きを読む

ギリシャ国歌を聞きながら

2018-04-09 07.37.41

月曜日の早朝。常石工場で進水式がありました。
常石での、定番の8万2000トンのバルクキャリアの進水式です。
でも、この船は実は私にとって特別な船でした。

4年前、初めてギリシャで私が契約書にサインをした船の進水式だったのです。
・初めて尽くしのギリシャ(from minako’s blog 2014.06.06)

いつもと同じ、滞りなく進行するセレモニーでしたが、ギリシャ国家が流れ始めると、この4年が走馬灯のように流れてきました。

進水式や引き渡し式など、何度もギリシャの国家を聞いてきました。
思い返せば、この4年間、私が担当させていただいている船のほとんどがギリシャ船主さんでした。本当にギリシャの国を身近に感じます。

船を直接造ことはできないけれど、船造りに関わっている喜びを改めて感じた時間でした。